護國神社のフリーマーケット   2017.5.3 テレビ番組で紹介されていたケーキ作りをされている方が、静岡縣護國神社のフリーマーケットにお店を出しているようなので出かけました。しかし、着いたときには既にケーキは売り切れていました。


   
 舞「こんにちは、舞です。」  桜「こんにちは、桜です。」(左)
 蕾「こんにちは、蕾(つぼみ)です。」(右)


 
 舞「お店がいっぱい出てるんだ。」
 勝「静岡縣護國神社境内で毎月第1・3日曜日に開かれているフリーマーケットだよ。」


 
 桜「何か、面白そうなのがいっぱいある。」
 勝「フリーマーケットだから、古い物や趣味で集めていた物、軽食などいろんなのがあったよ。」


 
 蕾「アトム君とウランちゃんだ。」
 勝「子供の頃、テレビで鉄腕アトムを見てた者として、ちょっと引かれてしまった。」


 
 舞「顔になってるんだ。」
 勝「ガチャピンかムックか、どちらかがわからないけど、こんなのがあるんだね。」


 
 桜「トラさん。」
 勝「今年は寅(とら)年ではないけど、見栄えが良かったから撮った。」


 
 蕾「可愛いお人形さん。」
 勝「撮っていいかお店の方に聞いたら、どうぞ撮ってやってくださいって、この子撮られて喜んだかな〜?」


 
 舞「この子は何かのお人形さん?。」
 勝「多分、どこかの民族衣装で踊りを踊っている子だろうね。」


 
 桜「これは何なの?」
 勝「はにわの人形だけど、こんなのまであったから撮った。」


 
 蕾「ゾウさんの人形かな?」
 
勝「ゾウは薬屋さんのサトちゃんだったような、その左隣の怪物君が良かったんだ。」


 
 舞「野菜?」
 勝「山菜のワラビだったかな。」


 
 桜「これが神社だね。」
 勝「静岡縣護國神社だよ。」


 
 蕾「鯉のぼりだ。」
 勝「桜も咲いていて、鯉のぼりもきれいに泳ぐまで何回も撮ったんだ。」


 
 舞「衣装を着て歩いてる。」
 勝「ご朱印をいただく待ち時間、ちょっと外へ出たら巫女さんと神主さんが歩いて行かれたんだ。」


 
 桜「破魔矢だね。」
 
勝「同じく、ご朱印がいただける社務所内にあったんだ。」


 
 蕾「これは、わかりやすい。」
 勝「神社は、わりとシンプルかもしれない。」


   
 舞「今日は、見てくれてありがとう。」  桜「勝には、懐かしい物があったんだね。」
 蕾「そうみたい。」



       

 







inserted by FC2 system