ききょうの香勝寺   2017.7.7 毎年この時期に静岡県の森町を訪ねています。森の石松やお茶が有名なところですが、今回はききょうのお花が咲く香勝寺です。


   
 舞「こんにちは、舞です。」  花「こんにちは、花です。」(左)
 咲「こんにちは、咲です。」(右)


 
 花「いきなり、お花じゃなくてブランコだよ。」
 咲「ブランコ、いいんじゃない。」


 
 花「やっぱり、ききょうのお花だよ。」
 
勝「さっきは、おトイレへ行って隣にブランコがあったんだよ。」


 
 咲「でも、ブランコも良かった。」
 勝「ありがとう。」


 
 咲「ききょうのお花って、いつも同じだね。」
 
花「ききょうのお花は、これでいいんだよ。」


 
 花「ここには、小坊主さんがいるんだよ。」
 
咲「小坊主さん、こんにちは。」


 
 小坊主「...」
 咲「何、...内緒のお話しって、...ごめん、ないな〜。」


 
 花「小坊主さんの真似してるよ、...いえ〜い。」


 
 咲「これ、ききょうのお花じゃないよ。」
 花「違うのがあってもいいんじゃない、...これは、ユリのお花だね。」


 
 花「私たちには無理だよ。」
 咲「それでも、いいの。」


 
 咲「ウグイスさん鳴いてる、...ホーホケキョ。」
 花「そうだね。」


 
 花「景色いいね。」
 
咲「うん。」


 
 咲「あれ、おっきい玉がいっぱいだ。」
 花「ホント、おっきい。」


 
 上の写真の大念珠があるところで、木彫りの大きな布袋様もいらっしゃいました。


 
 入口付近に小坊主さんがいっぱい見えるのですが、その中の一体です。
 和尚のひとり言も年数が経ち傷んでいますので、貼り替えた方が良さそうです。


 
 舞「これが、香勝寺さんのご朱印なんだね。」


   
 舞「今日は、見てくれてありがとう。」  花「毎年、小坊主さんに会うね。」
 咲「それで、いいんじゃない。」



       

 







inserted by FC2 system